自分を大切にする5つの方法 -社会貢献意識が強いあなたへ-

自分を大切にする5つの方法 -社会貢献意識が強いあなたへ-

社会に貢献した、世界を変えたい、けどなんか疲れちゃった、、、

そんな、あなたへ自分を大切にする「5つ方法」について今日は紹介します!

常に社会と向き合うのは無理だと自覚しよう

社会に貢献したい!日々起こっていることと向き合わなければ!社会貢献意識が強い人ほど、そう思っている人は多いのでは?もちろん日々の出来事や、社会の流れをしっかりキャッチすることは重要です。しかし、常に社会と向き合うなんてことは誰だって無理。

活発に活動している人ほど、実はしっかり休みをとってる。だらけている自分に罪悪感を感じてしまうこともあるかもやけど、持続的に、より長い期間、社会貢献するためには、自分のケア(self-care)をしっかりし、ちゃんと休みをとりましょう。

SNSから離れる時間を作ろう

なんとなく開いたtwitterから「日本では今こんなことが起きている!」「〇〇への支援お願いします!」「世界では!!!!」と大音量で大量の情報が流れてきてしまう時代。そして、きっと社会貢献や社会活動意識が強い人であればあるほど、フォローしているアカウントも軽くない情報を流してる可能性が。

ちょっと息抜きでSNS〜が情報のハリケーンだったら気が休まらん。SNSは今の社会を捉えるのにとても便利やけど、なんとなく開くことをやめて、1日の数時間かはSNSを閉じて社会問題の渦から離れるるようしてみよう!

自分のリミットを理解しよう

全ての社会課題に対して意見を持たなければ!常に何か発しなければ!そう思ってしまう人も多いのでは?

全くそのように思う必要はない!(断言)

まず、全ての課題を一人が解決するなんて無理だと理解した上で、心のエネルギーの貯蓄があり、何か言われても傷つかない状態の時にだけ発信することが大事。わざわざ元気のない時に戦いへ飛び込む必要はまじない。自分の心の状態に素直に、そして自分のリミット(限界)を意識してみよう。課題の断捨離もオススメ。

支えてくれるコミュニティを見つけよう

自分が熱意を持てる分野であり、なおかつ人に話すとヒートアップし、議論へと展開してしまう、これはかなり体力を消耗する行為。「なんでそんな意識高いん」「真面目すぎやろ」などと聞く耳を全く持たない人にこそ聞いて欲しいから発信するのはわかる。けど発信するたびに自分の心も疲れていることを自覚しよう。

きっと、あなたのパッションを理解してくれるコミュニティを見つけることで、想いに共感してもらえ、心が回復する時間を取れるはず。似た「考え」、「想い」、「背景」などを持っている人が集まる場所を探してみよう。

自分を愛そう

胡散臭いかもしれませんが、これがやっぱり一番大切です。自分を愛せて、大切にできて初めて社会貢献・社会活動ができる。

もしかすると、「活動している自分」を愛してしまっている人も中にはいるかと。その場合は「活動していない自分」も同様に愛してあげることが大事かなぁと。

活動している自分、活動が嫌なになっている自分、普通に遊びたい自分、様々な自分がいると思う。それら全てを知り受け入れてあげること、等身大の今の自分を好きになってあげることで、肩の力を抜けると思う!

ほなね!ナッツ。