「男女混合名簿」できたのめっちゃ最近やん!-『男女共同参画社会基本法』って何?-

「男女混合名簿」できたのめっちゃ最近やん!-『男女共同参画社会基本法』って何?-

男女共同参画社会基本法ってなんや

こんにちは!ナッツです。

『男女共同参画基本法』ってみなさんご存知?

あ、なんか社会の授業で習ったような、、、習わなかったような、、

そんな感じですかね。

いや、堅苦しすぎる響きなんで部活疲れの学生さんの頭には残らんくても無理はないって思います。てか、いっつも思うんやけど、もっと簡単な法律の名前にしてや!(笑)

ほんま『ジェンダー平等基本法」とかでよくない?(笑)

『男女共同参画基本法』とは:

「男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」

男女共同参画局

簡単にまとめると、男女がお互いを尊重して、社会のあらゆる分野(職場、学校、家庭、地域など)で、性別関係なく、自分らしく能力を発揮できるようにしていきましょう。って感じ。

そして、その中にも5つの柱があります:

(1)男女の人権の尊重

(2)社会における制度または慣行についての配慮

(3)政策等の立案及び決定への共同参画

(4)家庭生活における活動と他の活動の両立

(5)国際的協調

この基本法は1999年に、1979年国連で採択され1985年に日本政府が批准した「女性差別撤廃条約」に基づいて策定されたのです。

まじ?男女混合名簿が提案されたのは2001年

さて、2020年を生きる私たちからすると想像ができない、あるいは忘れているかもしれないけど

学校の名簿は、もともと「男の子が先、女の子が後」でした。

これが変わったのは、1999年の男女共同参画社会基本法が制定されて、2000年に東京都で東京都男女共同参画基本条例が制定されて、2001年にやっと男女混合名簿が提案された

よーく考えると、平成2年とか3年以前に生まれている人、多分小学校時代に名簿の順番変わっとると思うんよね。

もちろん、男女混合名簿はかなりの批判を受けています

「日本の伝統的な、なんちゃら〜」とか。

「体育の授業は男女別なんだからめんどくさい!」とか(←え。)

2020年となると不思議に思うかもしれないけど、約19年前の話。

結構最近よね。

基本法があるから保たれている部分もある

基本法が存在しているってことは、「基本法がないと男女平等を体現できない」ってこと。

つまり、トップから「男女は平等だよ!」と言われないと社会は変われなかったということ。(かなぴー)

だからね、よく「日本は男女対等やん」って言われるけど

「いや!基本法なくなってみ!まじ崩壊すんで!」ってガチで言いたくなる。

男女だけに限らず、全てのジェンダーが対等な社会を、国の制度なくても実現できたらようやく「平等な社会」を体現していると私は思います。

少しづつ前進やね。頑張ろう!

ほなね、ナッツ。