LGBTQIの旗について調べてみた!-6色にはどのような意味があるの?-

LGBTQIの旗について調べてみた!-6色にはどのような意味があるの?-

よく見る虹色の旗。何を表している?

「LGBTQが、差別や偏見にさらされず、前向きに生活できる社会の実現」を目的にするレインボープライドなどでよく目にする「虹色の旗」

この虹色の旗は「レインボーフラッグ」と言われ、性的マイノリティーのコミュニティを象徴するものです。

今ではかなり認知度が上がってきたこともあり、

LGBTQIの旗だ!と瞬時にわかる人も増えてきたかもしれません。

発端はアメリカ史上初めてゲイであることを公言して市会議員に当選したハーヴェイ・ミルク氏が、LGBTコミュニティのシンボルとなる旗を作るようにとギルバート・ベイカー氏に依頼をしたこと。オリジナルのフラッグは1978年6月25日にサンフランシスコで行われた Gay Freedom Day Paradeで活用されましたが、

今では、プライドパレード以外にも様々な場面で使われるようになりました。

レインボーフラッグのオリジンは?

オリジナルのフラッグは1978年6月25日にサンフランシスコで行われた Gay Freedom Day Parade で使われたもの。

ハーヴェイ・ミルク氏が、LGBTコミュニティのシンボルとなる旗を作るようにとギルバート・ベイカー氏に依頼して作られましたが、

今とは違い当時は8色もありました。

Why does the Pride rainbow flag only have six colours?

それぞれのカラーには意味が込められています。

ピンク = 性(Sex)

赤 = 生(Life)

オレンジ = 癒し(Healing)

黄色 = 太陽(Sunlight)

緑 = 自然(Nature)

青 = 芸術(Magic/Art)

藍 = 調和(Serenity)

紫 = 精神(Spirit)

しかし、今は6色が定着し様々な場面で使われるようになりました。

instinct

ちなみに6色にした理由は広く拡めるためであり、

性(ピンク)や芸術性(青)がLGBTQIコミュニティーから失われたわけではありません!(あたり前や)

コミュニティを象徴するもの

旗は社会からマイノリティーとされ、排除されていた人々を可視化することに成功しました。

またLGBTQI フレンドリー/アライであることも旗が置いてあることで示せます。

このように何か象徴するものがあることで社会が大きく動くことがあることをレインボーフラッグは教えてくれたと思います。

最近ではコミュニティーの拡大に伴いこのような旗も出てきました。

them.

LGBTQIの旗にピンクと水色のトランスジェンダー旗、そしてBlack and Brown Lives Matter (肌が黒い人・茶色の人に対する人種差別反対)の意味を込めて作られました。

このように「あなたも私たちの仲間だよ」「ここにいていいんだよ」「一緒に戦おう」というメッセージをデザインで表すことは、本当にパワフルなメッセージですよね。

最近は足立区議員、白石正輝の暴言もあり、LGBTQI当事者を含む人たちが「#私たちはここにいる」というハッシュタグでTwitterに投稿していますが、これも当事者コミュニティを可視化する動きの一つです。

マイノリティの存在が認識され、社会的排除を受けないよう市民が積極的に「見る化」活動することは社会に変化を与える上でとても重要です。

もちろんこれは当事者だけではなく、多様性が守られる社会に住みたい、そう思う一人一人が貢献することが大事が欠かせません。

Solidarity を持って、多様な社会を実現していきしょう!

ナッツ。