リベンジポルノとは?-裸の写真・動画を撮られ、拡散される被害-

リベンジポルノとは?-裸の写真・動画を撮られ、拡散される被害-

リベンジポルノとは?

インターネットやSNSの普及に伴い、性被害の形も多様化しています。

みなさん「リベンジポルノ」という言葉は聞いたことがありますか?

「リベンジ=復讐」という言葉から想像がつくかもしれませんが、リベンジポルノとは性的な写真や動画を「仕返し」の意味を込めて無断でインターネットに掲載または、他者へ共有することを指します。

そもそも、本人の了承を得ないまま、勝手にネット上に共有することは肖像権の問題がありますが

特に性的な写真を仕返しのために使用することを「リベンジポルノ」と言います。

被害者は20代に多く、加害者の61% が交際相手

令和元年にあった相談件数1479件のうち6.6%が男性・93.6%が男性である中、もっとも通報が多かったのは、20代(43.1%)、次に10代(25.4%)です。

また、加害者と被害者の関係性については61.7%が元を含む交際相手となっています。

どんなに信頼し、大切な相手でも裸の写真は「撮らせない」「送らない」がオーソドックスですが、自分を守れる方法かもしれません。

(出典:令和元年におけるストーカー事案及び配偶者からの暴力事案等への対応状況について

一人で対処せず、専門家に相談しよう

リベンジポルノは「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律(通称:リベンジポルノ防止法)」という法規制があります。ですので、被害者はまず、法律に守られています。

そのことを前提に、リベンジポルノ被害にあった場合必ず警察や専門性のある団体へ相談してください。

拡散の防止をいち早く止めるためにも気がついてからすぐに連絡することが重要です。

「自分が悪いのかな」

「恥ずかしい」

「また相手に何かされるかも」

様々な感情や恐怖心から全く知らない他者へ連絡するのは怖いかもしれませんが、勇気を出して相談してみましょう。

もちろん、警察の中には「リベンジポルノ」に関する知識があまりなく、被害者に寄り添わない言葉がけをしてしまう人がいるかもしれません。ただ、その時は「決してあなたは悪くない」ということ忘れないでほしいと思います。

リベンジポルノ相談先

一般財団法人セーファーインターネット協会https://www.safe-line.jp/against-rvp/ 

(参考:一般社団法人Spring )

ナッツ。