NETFLIX ドキュメンタリー “Athlete A” -子どもを性暴力から守る10の方法

NETFLIX ドキュメンタリー “Athlete A” -子どもを性暴力から守る10の方法

想像を絶する犯罪規模

※本記事はドミュメンタリーの内容がわかってしまう内容です。ネタバレ注意

Netflixを開くとやたらとおすすめドキュメンタリーに出てくる“Athlete A”を観ました。

まさか、内容が子どもに対する性暴力だとは思わなかったので観初めてから想像を絶する犯罪規模に鳥肌が立ち、本当に怒りの気持ちが込み上げてきました。

ドキュメンタリーの内容

アメリカ体操連盟を舞台とするこのドキュメンタリーは、小さなジャーナリストチームによる性犯罪調査及び報道を追う内容となっています。

性犯罪の容疑者はアメリカ体操連盟専属医のラリー・ナサール医師ですが、この事件を隠蔽したのはアメリカ体操連盟の組織であることがジャーナリスト集団により暴かれ、個人及び組織的な性犯罪であることがわかります。

被害にあった女の子は500人にまで登るとされ、体操選手を夢見る多くの女の子たちが「治療」という名目で性的暴力・性的被害にあっていたのです。

このドキュメンタリーで私が一番驚いたことは、被害者の数。そして、この事実が明らかになるまでに要した時間の長さです。

もちろんアスリートの子ども達の中には大人に訴える子どももいましたが(しかし隠蔽され)、多くが大人になっても話す機会を持たなかったことがわかります。

それほど性暴力というのは、被害にあった人に大きな影響を与えてしまうことがわかるドキュメンタリーですが、では私たちは子ども達にどのようにして性暴力から身を守ることを教えられるのでしょうか?

子どもに性暴力について、どう説明するか

性について話すのが、「早すぎる」年齢はありません。もちろん子どもがわかるように説明することは大切です。そこで今日は幼稚園〜小学生ぐらいを念頭に子どもを性被害から守る10の方法について書いてみました。

  1. 体についての話は早くから始めましょう : 体に関する話は幼い頃から始めましょう。そして正しい体のパーツの呼び名を教えましょう
  2. プライベートな体の部分について教えましょう : プライベートな体のパーツは親以外の人は見るべきでないことを教えましょう。(お医者さんは親が同伴しているから大丈夫と伝えましょう)
  3. 越えてはいけない境界線について教えましょう : プライベートな体のパーツは他人に触らせてはいけないこと、そして他人が「触って欲しい」と言うべきではないことを教えましょう
  4. 体のことを「秘密」にすべきでないことを教えましょう:子どもに性被害を与える大人は「これは二人の秘密だよ」などと仄めかすことがあります。なので子どもには、体についての秘密ごとは間違っていることを伝えましょう
  5. プライベートパーツの写真は誰も撮ってはいけないことを伝えましょう: オンライン上などで子どもの裸写真の交換が横行しています。子どもにはプライベートな部分は写真を撮らせてはいけないことを伝えましょう
  6. 子どもが「怖い」と感じるシチュエーションで使える対処方法を教えてあげましょう : 大の大人の誘いを断るのはとても勇気がいることです。もし怖い人が声をかけてきたり、何かおかしいと思ったら「トイレ行ってくる」など何かしらその場から離れられる言葉を教えてあげましょう
  7. 助けて欲しい時の「合言葉」を決めておきましょう:少し大きな子どもとは、合言葉を決めておくといいでしょう。親戚との集まりやお泊まり会、学校の帰り道など、困った時に使うことを決めておきましょう
  8. 体についての「秘密」を言っても「怒られない」ことを伝えましょう : 「怒られるかもしれない」と相談できないことを防ぐために通常の時から、「怒られない」ことを子どもに伝えましょう
  9. 「内緒で」触られることはあってはならないことを伝えましょう:「いい触り方」「悪い触り方」を説明しても、子どもは理解できない場合があります。代わりに「内緒で」触ってくることはダメであることを伝えましょう
  10. これらルールは「知り合い」そして「他の子どもたち」であっても適応されることを伝えましょう:子どもの「悪いやつ」のイメージと実際に加害者となる人はイメージが異なります。親以外の人が上記のルールを破るべきではないことを伝えましょう

出典:

性被害は身近な大人が加害者であることが多い

子どもの性被害は「身近な」大人によるものが多いため、親も盲目になりがちです。

Athlete Aでは信頼できるはずの体操連盟が被害に加担していたという本当に親としてはやるせない事態が起きてしまいました。

常に子どもを見張ることも親はできません。

子どもが、子ども自身で性被害から自分を守れるよう、普段から体の話をすることは、とても重要だと言うことがわかるドキュメンタリーでした。

ナッツ